HOME › お知らせ

お知らせ

夕方の三光病院からの風景

2014年01月27日

こんばんは!
夕方の17:15の三光病院から志度を見た風景です。
山の上に、うすーくオレンジ色のようなピンク色の光が射し込み、
グラデーションになり、とても綺麗な風景です。夕焼けのひとつ手前の景色です。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、実際眼で見ると色が格別に綺麗です!
三光病院は丘の上に建っており、五剣山や屋島山、海も広く、めずらしい湾も見え、
どこの病院の景色よりも負けません!(、、、と私は思っています)
この後、10分後には、外は薄暗くなっていました。
あいかわらず、外は激寒です。
皆様、暖かくして風邪などひかれませんようにお気を付け下さいませ。


つづいて、1時間後の18:20頃の(同じ場所から撮影した)
三光病院から湾を見た風景です。
建物の明かりがイルミネーションのように照らされ、夜景も、また綺麗です!


今朝の三光病院からの風景4

2014年01月22日


おはようございます!
今朝am7:00頃の外の温度は1度でした。
昨日からの雨で、思ったより道路が凍結している箇所があり、運転中もスリップをしそうでした。
三光病院から見える向こうのほうの山は、白く雪が積もっています。
どうぞ皆様も、今日の運転は車間距離を開けて、落ち着いた運転で、お気をつけてお越しくださいませ。


今朝の三光病院からの風景3

2014年01月20日


おはようございます!
今朝am7:20頃の外の温度計は、マイナス2度でした!
西側には月が沈みかけていて、東側からは太陽が昇ってきました!
全国的にも寒く、三光病院の付近では今のところ雪は降っていませんが、
路面の凍結してる箇所もあると思われます。
お気をつけてお越しくださいませ。


今朝の三光病院からの風景2

2014年01月16日


おはようございます。
今朝は空が青く晴れています。am7:30頃の写真です。
外の温度計を見たら1度でした。
来られる皆様、どうぞ暖かくしてお越しください。


今日は鏡開き

2014年01月15日


本日は、三光病院の鏡開きの日でした!
お正月に飾っていた御餅を回収して、患者様やレクリエーション委員の協力のもと、
患者様や職員に『ぜんざい』がふるまわれました。
皆様に大変好評でした!
ご協力していただいた皆様、ありがとうございました!


チョコレート

2014年01月15日


いつもお世話になっている、フランス語のレッスンをしていただいている先生から、母国のお土産のチョコを頂きました!
もちろん、裏側にはフランス語が、、、、(後で辞書で調べて、おいしくいただきます!(笑))
毎年、ノエル(クリスマス)と新年は、母国で家族と過ごすそうで、楽しい話を聞かせてくれます!
私たち生徒のフランス語の勉強不足で、ほぼジェスチャーと単語交じりの会話ですが、
いつも楽しいレッスンを考えてくれる、素敵な先生です。


今朝の三光病院からの風景

2014年01月11日


おはようございます。
今朝、am7:20頃の三光病院から見た風景です。
携帯電話のカメラで撮影したので、少し画像が荒いのですが、とてもきれいでした!
三光病院は、丘の上に建っている為、志度湾や五剣山が一望できる、絶景の場所です。


フランスと日本の時差

2014年01月10日

フランスと日本の時差は、季節(サマータイムの期間は7時間)によっても若干変わりますが、
今の時期は、8時間です。
日本の方が8時間進んでいるそうです。
日本の時間から、マイナス8時間が、現在のフランスの時間です。
(ちなみに日本からフランスへの直行便の飛行機は、約12時間です。)
パリに到着して飛行機を降りると、時差の為、変な感じがします。(笑)



なぜフランスの話?

2014年01月07日


年末から、フランス関係の事を時々ココの”お知らせ”で書いていますが、
実は、本院(三光病院)のある香川県高松市と、フランスのトゥール市姉妹都市です。
また、患者様はデイケアでフランス語の先生のレッスンがプログラムにあったり、
スタッフは院長よりフランス語の講義も受けることができたり、
フランス医学を知ることや、フランス語の勉強、フランス人との交流など、フランスとの繋がりを深く感じます。
スタッフは、チャンスがあれば、フランスの研修旅行にも行くことが可能です。
世界で一番美しい言葉と言われるフランス語、スラスラとかっこよく喋りたいものです。


ガレット・デ・ロワ(1月6日)フランス行事

2014年01月06日

フランスの行事

フランスでは公現祭の日の1月6日に、ガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)にお菓子を食べるそうです。
フランス国内では子どもたちにも大人気だそうで、家族や友人、仲間たちが集う時期にお菓子(ケーキ)を切り分け、お菓子(ケーキ)の中に1つだけ入っている陶器の人形に当たった人は、ケーキに付属で付いている紙でできた王冠をかぶって、その日1日王様や女王様になる資格が与えられ、また、1年間その幸運が続くといういわれもあります。



このページの先頭へ