お問い合わせ

香川県依存症治療拠点機関

アルコール健康障害 薬物依存症 ギャンブル等依存症

光風会について光風会について

ごあいさつ

  •  三光病院は、地域の精神医療に貢献するため1965年(昭和40年)に開院しました。瀬戸内の風光明媚な小高い丘の上に、白鳥が舞い降りたような形で病院が建っています。1982年(昭和57年)には医療法人社団光風会三光病院となり、地域の方々のご理解とご協力を頂きながら運営してまいりました。現在は、小さなお子様から高齢者まで、また、精神科救急医療からストレスケアや復職支援まで、現代社会の幅広いニーズに対応できるよう治療・支援体制を整えております。

     これまでの当院は、精神科医療に加えて、アルコール医療、高齢者医療を3本柱として運営してきた歴史があり、中でも特徴的なことは、古くから内科医と精神科医がチームになって、アルコール健康障害の治療に注力してきた経験です。かつて効果的な薬物療法が存在しなかった依存症疾患は、心理社会的アプローチが唯一の手段であり、特に「対話」による治療が重視されてきました。現在では、社会の変化にともなって嗜癖(依存)対象は多様化し、複数の常勤内科医師や小児科医師も在籍するようになり、非常勤医師を含める と各科専門医による集学的な治療体制があります。それでも「対話」が回復をもたらすという私たちの治療姿勢は変わりません。

     地域に親しまれている「三光病院」という名称ですが、初代理事長が後漢時代の『白虎通義』にある次の一節をもとに名づけたと聞いています。
  • 天 有 三 光 日 月 星
    地 有 三 形 高 下 平
    人 有 三 尊 父 師 友
  •  コロナ禍になって迎えた年末、長いミーティングの心地よい疲れのあとに、ある方が当院の名称にちなんで話してくれたことが、大変印象に残ったので紹介させてください。

     三光とは、「太陽」と「月」と「星」の3つの光のこと。絶対的なエネルギーをもって、北風よりも強い「太陽」は、まるで断酒会(アルコール依存症の自助組織)のようである。そして、その光を受けて輝く「月」は、仲間の姿。失望の暗闇から未だ抜け出せずに苦しんでいる人の足元を、やさしく照らすことができる。無秩序な夜の空を慎重に辿っていけば「北斗の星」を探すことができ、進む方向を案内するかのように、実はいろいろな支援者たちが連なっていたのだと気がついた。

     一人の医療者の力だけでは、できないことはたくさんあります。苦しむご本人やご家族の思いが、支援からこぼれ落ちてしまわないように、病院全体のみならず、地域社会全体で支えられるようにすることが、私たちに与えられた役割であると考えています。

病院概要

病院名
医療法人社団光風会 三光病院
理事長
海野 透理
院長
海野 順
住所
〒761-0123  香川県高松市牟礼町原883-1
TEL
087-845-3301
FAX
087-845-6822
従業員数
約360名(法人全体)
病床数
精神科救急急性期医療入院料病棟 56床
精神病棟入院基本料病棟 44床
精神療養病棟入院料病棟 220床
合計320床
診療内容
精神科・内科・児童精神科・心療内科
精神科デイケア、精神科デイ・ナイトケア
精神科作業療法、アルコール依存症治療(断酒会)
精神科訪問看護
休診日
日曜日・祝日・年末年始
関連施設
介護老人保健施設コリーナ
コリーナ居宅介護支援センター
多機能型訓練施設牟原寮
地域活動支援センタークリマ
高齢者グループホームプレスマン